本文へジャンプメインメニューへジャンプ
和泊町役場ホームページ 文字の大きさ縮小標準拡大
携帯ページサイトマップサイト内検索
和泊町のプロフィール
和泊町議会
行事予定
防災情報
入札情報
休日当番医
申請書ダウンロード
広報わどまり
和泊町立図書館
ライブカメラ
リンク集
ご意見募集
和泊町有線テレビ ハナシャヌ島沖永良部 えらぶ長浜館情報検索 フォトギャラリー タラソおきのえらぶ 学びネットおきのえらぶ 元気!わどまりクラブ
ハローワークインターネットサービス
和泊町4Hクラブ
くらし・手続き行政案内観光産業教育・生涯学習

沿革・概要



 沖永良部島は,古くは琉球国に属し(1266年〜1609年),現在でも沖縄との交流は深く,生活文化面には琉球文化が色濃く残っています。
 琉球服属は340年続き,1609年薩摩の琉球支配に伴い,本島は薩摩藩の直属領になりました。薩摩直属は1871年の廃藩置県まで260年間続きました。
 薩摩の国父・島津久光公の怒りに触れた西郷隆盛翁は1年7ヶ月牢生活を送られ,その間,若者に学問を教え,更には「敬天愛人」の思想を確立した地として知られています。翁の教えが島の教育,文化に大きな影響を与え,祖先を敬い,勤労を尊び,明るく豊かな心を育み,花を愛で育てる風土が先人たちから受け継がれています。
 1908年(明治41年)4月,島しょ町村制が実施され,本島は和泊村と知名村に区分,1941年(昭和16年)5月1日,和泊村に町制が施行され和泊町になりました。
 その後,第2次世界大戦が勃発し,1945年敗戦により1946年1月28日祖国から分離され,1953年(昭和28年)12月25日祖国復帰するまでの8年間,軍政下にありました。
 『活力と潤いと魅力あふれる花の町』和泊町は,花卉園芸を中心に生産性の高い農業に取り組むとともに,恵まれた地域資源を活用したタラソテラピー施設を整備し,『心と体と癒しの島』づくりにも取り組んでおります。
 そして『敬天愛人』の理念で培われた町民性は,人情味あふれる町としても知られています。
 人づくり,土づくり,健康づくり,花づくりの町民4大運動を合言葉に更なる発展を目指しています。



印刷用画面表示
ページ上部へ 著作権・リンク等について個人情報について広告掲載について
和泊町役場 〒891-9192 鹿児島県大島郡和泊町和泊10番地 Tel0997-92-1111 infoアットマークtown.wadomari.lg.jp Copyright (c) 2007 Wadomari Town Office. All right Reserved.